農業・農家のM&Aの現状とメリット、注意点

今回のテーマは農業・農家のM&Aです。

「M&Aって農業と関係あるの?」

そう思われた方は必見です。

M&Aは農業以外の業界ではよく見られる会社や事業の譲渡手段ですが、農業界ではどうなのでしょうか。実は農業でもよくM&Aは行われているのです。

農協や中小企業庁のサイトにも農家向けM&Aを検討している方向けの資料があり、M&Aのマッチングサイトでも相対的には少ないですが農業案件が出回っています。

そんな農業のM&Aについて、メリットや事例、実際にM&Aをするときの注意点などを紹介していきます。ぜひM&Aをするときの参考にしてください。

農業M&Aの動向

M&Aとは企業や事業を第三者に売買することをいいます。農業のM&A件数は、他の業種に比べるとまだそれほど多くはありません。しかし近年、農家の後継者問題や事業の存続・拡大を理由に、農業界でもM&Aが行われるケースが増えてきています。

一般的な企業のM&Aと農業のM&Aでは、どのような違いがあるのでしょうか。

一般的には、会社の合併や株式を譲渡して子会社やグループ会社を作る場合が多く見られます。その他にも、会社分割や株式交換などM&Aの手段は様々です。

農業の場合では、会社譲渡や事業譲渡、農地や農業設備といった農業資産の譲渡という形が多く見られます。企業がゼロから農業進出を目指す場合、既存の農家や農業事業を丸ごと買い取る事業譲渡、スモールスタートやすでに農業事業を始めている企業や組織は資産の譲受を目指す形が多いです。

農業を営む事業体は大きく2つあります。個人事業主と農業法人です。M&Aの対象になるケースが多いのは、農業法人です。しかし企業や法人しかM&Aの対象にならないというわけではありません。個人事業主でも、農地の規模や農作物の質が一定以上、さらに農業資材や倉庫といった資産が多ければ十分M&Aの対象になりえます。つまるところ、M&Aが成立するかどうかは買い手と売り手のマッチングのため、個人だろうと法人だろうと魅力的な「何か」があればM&Aは成り立つのです。

農業法人を買う際に注意すべきことがあります。それは「農地所有適格法人」の要件を満たしているかどうか。これを満たしていないと農地が所有できません。

▼参考記事

企業の農業参入と注目される参入手法について

実際に農業法人を買う場合、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。民間のM&Aサイトによると、費用は土地の広さや状態・資産の状況によって変動しますが、大体1500万~3億が目安です。農地の購入を決める際は、土地の状態や農作物の質と量を見て検討します。

M&Aのメリット

皆さんが気になるのは、M&Aを通して、買い手と売り手にどのようなメリットが生まれるのかではないでしょうか。

買う側の最大のメリットは、時間の短縮です。

農業を新しく始める企業がM&Aによって農地や設備を得ることで、大きな時間短縮につながります。というのも、縁もゆかりもない土地でゼロから土地を取得することはとても時間がかかります。営農されていない、放ったらかしにされている「耕作放棄地」と呼ばれる土地は年々増えています。それにもかかわらず、見ず知らずの人間に大切な土地を渡す(売る)ことには抵抗があるようです。ものと違い土地となると、先祖代々の想いなど、心情的にも譲り渡しづらいのかもしれませんね。

土地の取得による時間の短縮の他にも、農業技術の取得という観点での時間短縮もメリットです。

農業に限らず職人系の技術はマニュアル化することが簡単ではありません。そのため一朝一夕では取得できず、ましてや長年の技術を引き継ぐことはとても難しいことです。技術習得という終わりのないかつ時間のかかることを資金力で解決することは、経営上とても合理的な選択肢といえるでしょう。

既に農業に着手している企業にも、M&Aのメリットはあります。事例として多いのが、いわゆる「垂直統合」といわれる形態です。飲食店や加工品を扱っている企業が、原材料である野菜や果樹を生産している農家を買収または傘下に入れることで、コストを下げると同時に安定供給を図る戦略です。

売る側のメリットとしては、後継者がいない場合の解決策になること、譲渡の際は売却によって資金が得られるため、負債の返済や引退後の資金ができることもあるでしょう。長年手塩にかけて育ててきた思い入れのある農地。M&Aで農地を譲渡すれば、その思い入れのある農地を農地として引き続き使い続けてもらうことができます。

農業事業を興したい買い手と、農地を有効活用してもらいたい売り手。M&Aによって双方の課題が解決されるWIN-WINな状況へ導かれます。

M&Aの事例

実際にM&Aが行われた事例を紹介します。

1つ目の事例は、イタリア料理チェーン店のサイゼリヤです。サイゼリヤは自社で農作物を生産し、消費者へと届ける製造小売業を行っています。メインの工場はオーストラリアにありますが、その他に仙台のトマト農場を運営しています。このトマト農場は東日本大震災の被災地を支援するために、田んぼを農家から借りて始めたものです。農場の管理は現地法人に任せ、イタリア料理に欠かせないトマトの安定供給を実現。表現したい料理に合う味・大きさ・形の品種を栽培し、収穫からの物流も大企業ならではの段取りを組んでいるそうです。

2つ目の事例は大和フーズ&アグリ(DFAです。大和証券の子会社である大和フーズ&アグリは2019年に熊本県でベビーリーフの生産を、2020年には山形県の平洲農園に資本参加し、トマトの生産を始めました。平洲農園は低コストで耐久性のある山形型県内では最大規模のハウスを用いたトマトの栽培と、販売を行っています。

大和フーズ&アグリが大規模で効率的な農業法人の経営に加わることで、農業を活性化させる目的があるとのことです。

3つ目の事例はエア-ウォーターのグループ会社トミイチです。2019年3月に、トミイチは北栄農産を吸収合併しました。北栄農産は農作物の卸販売やオペレーター(農作業の受託)業務を行っている会社です。北海道内での農産原材料の調達力や製造・加工を展開しているトミイチが、卸売り・作業代行によって契約農家さんとの強固なネットワークを持つ北栄農産と合併し、規模拡大と農産物の安定供給に拍車をかける狙いの好例です。

農業法人を買うときの注意点

農業法人を買うときの注意点を挙げていきます。

買い手の方はもちろん、売り手側の農家の方もこのポイントを押さえておくと良い買い手が見つかることでしょう。

買い手の方は下記の3点はどれも重要なのはもちろん、売り手の方は特に2番が重要です。売ると決めたときから、売ることを前提として行動をとらないと理想の評価額では売れません。どうすれば高く売れるのか、少しでも納得して取引ができるのか。そのために今何をすればいいのかを考えて来たるべき時に備え行動しましょう。

 M&Aで農業法人を購入する際の注意点は大きく3点あります。

  1. 購入予定の農地の状態
  2. 設備や道具の状態
  3. 購入予定の企業(組織)の農地所有状況(借りているのか、所有しているのか)

 1つ目は、購入予定の企業が持つ農地の状態を事前に確認しておくことです。作物を育てられる状態かどうかは、実際に農地を見ないと判断できません。あまり野菜の生育に適さない状態(条件の悪い悪い農地)でも、企業の技術力や販売力で売り上げを作っている農家もあります。反対に、技術力や販売力が未熟でも、畑の肥沃さ(地力)が優れていて売り上げを作っている農家もあります。

単純に売上の数値を見るだけではなく、その売り上げの詳細、どうやって売り上げを作っているかを、現場を含めて見定めることが重要です。

 2つ目は設備や道具の状態を確認しておくことです。M&Aでは基本中の基本の話ですが、資産の評価額が適正かどうか、という観点はとても重要です。作業道具はもちろん、トラクターや倉庫の状態、耐用年数はどうなのか、栽培作物に対して適切な規模のものなのかをチェックしましょう。また、トラクターやコンバインといった機械類が故障した際、多くの農家は農機具屋に頼らず自分で修理することがあります。その修理のノウハウは蓄積されているのかどうかという点もチェックすべきポイントです。

 3つ目は農地所有状況の詳細です。取得予定の農地は、自分のものとして所有するのか、大家さんから借りる(リース)のかを確認しましょう。車や事務所と違い、農地を所有して使用するのか借り手使用するのかは大きな違いがあります。それは農地法という壁が存在するからです。農地法では企業が農地を借りるのではなく、所有をする場合、農地所有適格法人(=農業生産法人)の要件を満たさなければなりません。

その要件は

  • 法人形態要件
  • 事業要件
  • 構成員・議決権要件

の3要件です。

この要件を満たさないと、農地を所有することができないので注意が必要です。(借りることは可能)

まとめ

農業以外の業種では、M&Aは買い手側にとっては規模拡大、売り手側にとっては後継者探しの手段としてよく見られるようになってきました。農業でも年々件数は増え、後継者不足という課題解決への一助を担うことを期待されています。

M&Aの基本的な知識は理解できたとは言え、実務では煩雑な手続きが山のようにあります。

また、買い手側も売り手側も決して安い買い物ではなく、会社の命運や余生をも左右しかねない重要な決断を迫られます。そのような場面でプロが親身に寄り添って力になります。豊富な情報と多数の事例を熟知した、経験豊富なプロに小さなことから大きなことまで、お気軽にお問い合わせください。

離農・新規就農をお手伝いします!

 

・儲かると聞いて農業を始めたが、うまくいかない
・子供に農業を継がせたいが、地元に戻ってきてくれない
・離農したいが、地域の目が気になる

など、農業を手放そうと考えている方

・どうすれば農家になれるか分からない
・農家になりたいが、地方に頼れる人がいない
・親元の農業を継ぐことになったが、不安だ

などなど新規就農でのお困りごとを抱えている方
AgriTouchにぜひご相談ください!

関連記事