農家の資金調達の選択肢|金融機関だけじゃない

農業を始めたいんだけど、何から準備したらいいんだろう・・・」

漠然と、農業をやる!と決めたとしても何から始めればいいかわからないということは少なくないでしょう。

まず一番初めに考えることは「資金調達」です。

融資や補助金、給付金など農業には他業界に比べ有利な条件の金融制度がたくさんあります。

しかし、当然ですがこれらの制度には厳しい審査があります。

事業計画は適正か、お金を出すに値するか、返済プランは実現可能か、過去の金融機関との取引実績はしっかりとしたものなのかなど・・・

ひとえにお金を集めるといっても、出す側とすれば慎重にならざるを得ないのは当然のことですよね。

かといって、十分な資料を集める時間も労力もなかなか大変なものがあります。

そこで今回は、資金調達の選択肢について紹介します。

金融機関を押さえるのはもちろん、金融機関以外からの資金調達の方法もいろいろあります。さまざまな調達先を知っておくことで自分に合ったところを見つけ、スムーズに資金調達ができることでしょう。

また、そもそも資金調達をするための材料、何にいくら必要か、という点についても触れていきます。

農家の資金調達の準備

新規事業として農業界に参入する場合は「資金調達」がとても大事です。

資金調達する上で漠然とお金を集めるのではなく、何にいくら必要かをきちんと見積もることが重要です。

具体的には、土地・機械・設備・技術・ノウハウといった点です。

農業を始めるには、参入領域やターゲットとなる作物の基本的な知識はもちろん、市場ニーズや利益率、販路にいたるまで、様々な条件や地域風土に合わせた戦略が不可欠となります。

どの作物を選ぶのか?収益はどの程度を見込んでいるのか?将来的な規模はどの程度か?など新たにチャレンジするとはいえど、その方法は個人や法人によって千差万別になります。

土地(農地)

農地は農業を始めるには必要不可欠なものです。栽培する作物に合わせた農地を準備するのは当然ですが、維持管理にかかる費用や手間なども非常に重要な観点になります。

機械

機械は、栽培面積や目標となる売上に応じた適正なものを使うということが、農業における成功の近道です。トラクターで例えると、小規模の面積なのに大きすぎる高価なトラクターは必要ないですし、広大な面積を小型なトラクターで耕耘しても埒があきません。

機械の購入費用はもちろん、保管やメンテナンスにかかるコストや条件なども忘れてはいけない検討事項です。

設備

ここでの設備は、ビニールハウスや薬剤散布のドローン、収穫物を箱や袋に詰める作業場所などへの投資です。作物に合わせた環境管理のために設備は必要となります。ビニールハウス一つとっても、温度管理は自動か手動か、冬場は加温するタイプか無加温か、潅水(水やり)は自動か手動かといった、選択肢がいくつにも分かれます。お金をかければきりがありませんが、自分のやりたい作型やビジネスモデルに合った設備投資が必要です。

技術・ノウハウ

全ての業界に当てはまりますが、技術やノウハウには終わりがありません。農業に関しても同様です。野菜を育てることに関して環境や土壌の条件、気候変動といった変数がとても多いので「農家たるもの技術が重要」と言ってもどうしても抽象的にしか理解できません。

その中で、極力変数の変動を抑える工夫をどこまで追い求めるか、という点が一つのカギになります。

農家の資金調達の種類

事業を新たに始めるうえで欠かせない資金調達ですが、選択肢としては3つあります。

  • 日本政策金融公庫/民間金融機関の融資制度
  • ファクタリング利用した資金調達
  • クラウドファンディングを利用した資金調達

日本政策金融公庫/民間金融機関の融資制度

日本政策金融公庫/民間金融機関の融資制度には、農林漁業セーフティネット資金や経営体育成強化資金、農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)、農業近代化資金などがあります。

融資に知識のある方なら名前だけは聞いたことがある、という制度も多いのではないでしょうか。

これらの制度は金利が低い、償還期間が長い、使用用途が広いなど有利な面はたくさんあります。しかし、融資を受ける際にはしっかりとした事業計画や経営状況・財務状況を提示する必要があります。

事業を回すのが手いっぱいで資料作成まで手が回らない、金融機関とのやり取りがとても苦手などという方も多いかと思います。

そんな方でも、金融機関を頼らずにできる資金調達の方法についてもご紹介いたします。

日本政策金融公庫や民間の金融機関の融資についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

▼金融機関からの資金調達について知りたい方

農業やるなら押さえておきたい資金調達制度

ファクタリングを利用した資金調達

ある程度売上げのある個人農家(1500万円以上)や法人として農業事業を行っている方々には、このファクタリングがおすすめです。

ファクタリングとは保有する売掛金をファクタリング会社が買い取る制度で、資金(現金)を素早く準備することができます。

▼参考

https://freeway-keiri.com/blog/view/531

一般的に企業との取引では商品と現金を直接取引するのではなく、売掛金(売掛債権)を使い、ある一定期間を「ツケ」の状態で取引し、一定期間後に支払いをすることがあります。

ファクタリングを利用すれば、通常は支払われるまでに時間が掛かる売掛金を利用して資金を調達することが出来るので、現金を受け取るまでにかかる期間(1か月から3か月)を大幅に短縮できます。

ファクタリングの種類は、売掛金を買い取る「買取型」だけではなく、売掛金の未回収のリスクに備える「保証型」というのもあります。

ファクタリングのメリットは即金性が高いこと(早ければ即日で回収できる)や担保や保証人が不要である点、信用情報に影響がない点などが挙げられます。

※ファクタリングに似たような取引形態で「約束手形」というものがありますが、これは2026年を目途に廃止される予定となっています。

クラウドファンディング利用した資金調達

インターネットやSNSが当たり前になった時代ならではの仕組みであるクラウドファンディングも資金調達の有効な手段の一つです。

クラウドファンディングとは、「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達すること」です。自分の行動や想いを発信し、応援してくれる方から広く資金を集めることができます。

新規就農者においても、新規事業としてクラウドファンディングを利用し、SNSを活用して発信することで、「その事業を応援したい」「そのサービスを試してみたい」と共感してくれた方から支援を募ることが可能となっています。

過去の事例では、

「農業の未来のために 若手農家でブランディング」

「世界一共感を生む農園を作りたい」

「コロナで売り先に困った野菜を助けてください」

など、明るい未来への訴えだけでなく、災害からの救済にもクラウドファンディングによってお金を集めています。

まとめ

資金調達は事業を行ううえで欠かせない行為です。

土地や機械、設備やノウハウにいくらお金を使うか計画を立て、試算を行い、お金を集め始めます。

「お金を集める方法はこれしかない!」という時代ではありません。

10年前だったら資金の調達先は金融機関に限られていたかもしれませんが、今ではクラウドファンディングで不特定多数から集めることもできます。

融資と出資、金融機関とクラウドファンディングなど、自分にとってストレスが少なくやりやすいバランスで資金を調達することで、事業の成功確率を上げることができます。

これ以外にも、農業のサポート事業は自治体単位で行われているものもたくさんあります。

農業を事業化するにあたっては、様々な観点から客観的に判断できるプロと組むことで、ご自身の性格や方向性に合った最適な事業の進め方について相談しながら進めることができます。

事業を大きくすることに集中し、お金周りや制度の問題、有利な補助金の情報などは一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

離農・新規就農をお手伝いします!

 

・儲かると聞いて農業を始めたが、うまくいかない
・子供に農業を継がせたいが、地元に戻ってきてくれない
・離農したいが、地域の目が気になる

など、農業を手放そうと考えている方

・どうすれば農家になれるか分からない
・農家になりたいが、地方に頼れる人がいない
・親元の農業を継ぐことになったが、不安だ

などなど新規就農でのお困りごとを抱えている方
AgriTouchにぜひご相談ください!

関連記事